造船・舶用工業

業務内容

  1. 溶接(手溶接、半自動溶接)

  2. 塗装(金属塗装作業、噴霧塗装作業)

  3. 鉄工(構造物鉄工作業)

  4. 仕上げ(治工具仕上げ作業、金型仕上げ作業、機械組立仕上げ作業) 

  5. 機械加工(普通旋盤作業、数値制御旋盤作業、フライス盤作業、マシニングセンタ作業)

  6. 電気機器組立て(回転電機組立て作業、変圧器組立て作業、配電盤・制御盤組立て作業、開閉制御器具組立て作業、回転電機巻線製作作業)


関連業務として、

  1. 読図作業

  2. 作業工程管理

  3. 検査(外観,寸法,材質,強度,非破壊,耐圧気密等)

  4. 機器装置工具の保守管理

  5. 機器装置運搬機の運転

  6. 資材の材料管理

  7. 配置部品製品の養生

  8. 足場の組立て

  9. 解体廃材処理

  10. 梱包

  11. 出荷

  12. 資材部品製品の運搬

  13. 入出渠

  14. 清掃 などが想定されています。

外国人の要件

【1号特定技能】

・技能実習2号修了者

・技能試験「特定技能評価試験」と日本語試験「国際交流基金日本語基礎テスト」「日本語能力検定(N4)」 の合格者

【2号特定技能】

・「造船・舶用工業分野特定技能2号評価試験」もしくは技能検定1級合格者

・造船・舶用工業において複数の作業員を指揮・命令・ 管理する監督者としての実務経験を2年以上有すること

受入れ企業の要件

・在留諸申請を行う前に造船・舶用工業分野に係る事業を営む者であることについて,国土交通省の確認を受けること。

・特定技能協議会に入会すること(入国後4ヶ月以内)