農業

業務内容

  • 耕種農業は「施設園芸」「畑作・野菜」「果樹」において、栽培管理,農産物の集出荷・選別等を主とする。

  • 畜産農業は「養鶏」「養豚」「酪農」において、飼養管理,畜産物の集出荷・選別等を主とする。

  • 関連業務として、下記を想定。

  1. 特定技能所属機関が生産した農畜産物を原料又は材料の一部として使用する製造又は加工の作業

  2. 特定技能所属機関による農畜産物の生産に伴う副産物(稲わら,家畜排泄物等)を原料又は材料の一部として使用する製造又は加工の作業

  3. 農畜産物(特定技能所属機関が生産した農畜産物が含まれる場合に限る。)の運搬,陳列又は販売の作業

  4. 農畜産物を原料又は材料として製造され,又は加工された物(特定技能所属機関が生産した農畜産物を原料又は材料の一部として使用し,製造され,又は加工された物が含まれる場合に限る。)の運搬,陳列又は販売の作業

  5. 農畜産物の生産に伴う副産物を原料又は材料として製造され,又は加工された物(特定技能所属機関による農畜産物の生産に伴う副産物を原料又は材料の一部として使用し,製造され,又は加工された物(たい肥等の肥料,飼料等)が含まれる場合に限る。)の運搬,陳列又は販売の作業

  6. その他特定技能所属機関で耕種農業又は畜産農業の業務に従事する日本人が通常従事している作業(畜産農業と耕種農業を複合経営している特定技能所属機関において畜産農業の技能を有する特定技能外国人が耕種農業の作業に従事する場合,冬場の除雪作業に従事する場合

外国人の要件

  • 技能実習2号修了者

  • 技能試験「特定技能評価試験」と日本語試験「国際交流基金日本語基礎テスト」「日本語能力検定(N4)」 の合格者

受入れ企業の要件

  • 農業者等が特定技能所属機関として1号特定技能外国人を直接雇用する場合,当該農業者等は,過去5年以内に労働者(技能実習生を含む。)を少なくとも6か月以上継続して雇用した経験がなければなりません。

  • また,労働者派遣による場合には,派遣先は,過去5年以内に労働者(技能実習生を含む。)を少なくとも6か月以上継続して雇用した経験があるか,又は派遣先責任者講習その他労働者派遣法における派遣先の講ずべき措置等の解説が行われる講習(例えば,都道府県労働局が実施する派遣先向けの講習等)を受講した者を派遣先責任者として選任していることが必要となります。

  • 協議会への加入(入国後4ヶ月以内)