建設

業務内容

  1. 型枠施工 

  2. 左官 

  3. コンクリート圧送 

  4. トンネル推進工

  5. 建設機械施工 

  6. 土工

  7. 屋根ふき 

  8. 電気通信

  9. 鉄筋施工 

  10. 鉄筋継手

  11. 内装仕上げ・表装 

  12. とび 

  13. 建築大工 

  14. 配管 

  15. 建築板金 

  16. 保温保冷 

  17. 吹付ウレタン断熱

  18. 海洋土木工

・・・技能実習にない職種作業のため、特定技能評価試験合格が必須となります。

外国人の要件

【1号特定技能】

・技能実習2号修了者(技能実習にある職種作業の場合)。技能実習にない作業の修了者は、日本語部分は合格したものとして取り扱われます。

・技能試験「特定技能評価試験」と日本語試験「国際交流基金日本語基礎テスト」「日本語能力検定(N4)」 の合格者

【2号特定技能】

・技能試験「特定技能2号評価試験」の合格者

・建設現場において複数の建設技能者を指導しながら作業に従事し,工程を管理する者(班長)としての実務経験を要件とする。

受入れ企業の要件

・外国人の受入れに関する建設業者団体(JAC/一般社団法人 建設技能人材機構または傘下団体)に所属すること

・建設業法の許可を受けていること

・日本人と同等以上の報酬を安定的に支払い、技能習熟に応じて昇給を行う契約を締結していること

・受入れ建設企業単位での受入れ人数枠の設定(会社全体の常勤職員数を超えないこと。常勤職員には特定技能外国人、技能実習生や建設就労者を含まない)

・特定技能外国人を建設キャリアアップシステムに登録すること

・ハローワークに求人票が出ていること(1年以内)

・就業規則

・給与規程の整備